ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのおすすめ情報

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのメリット

 ANAアメリカン・エキスプレス・カードの年会費は7,000円(税抜)と、他ブランドのANA一般カード(2,000円(税抜))より高いが、上記@ABCDの5つのメリットがある。特に、空港ラウンジ無料サービスが同伴者1名とともに使える点が大きい。付帯保険も充実しているため、頻繁に海外旅行・出張される方はANAアメリカン・エキスプレス・カードの年会費の元は取れると判断できる。

ブランド別

ANA JCB 一般カード

ANA VISA Suica

ANAアメリカン・
エキスプレス・カード

カードフェイス

ANA JCB ANA VISA Suica

ANA アメックス

年会費(税抜)

2,000円

2,000円
751円まで割引可

7,000円

Suica機能

あり

ポイント付与

1000円=1P

1000円=1P

100円=1P

マイル移行
手数料(税抜)

・1P⇒5マイルコース
無料
・1P⇒10マイルコース
年度ごと5,000円

・1P⇒5マイルコース
無料
・1P⇒10マイルコース
年度ごと6,000円

・1P⇒1マイル
年度ごと6,000円

入会・継続マイル

1,000マイル

フライトボーナス

区間基本マイレージの+10%分

ANAカード
マイルプラス

「ANAカードマイルプラス」の対象商品や店舗で、 カード利用分ポイントに加え、
100円ごとに1マイル(または200円ごとに1マイル)付与

ANA
マイレージモール

「ANAマイレージモール」の経由のネット通販で、カード利用分ポイントに加え、
100円ごとに1マイル(または200円ごとに1マイル)付与

ANAグループ

ポイント1.5倍

空港ラウンジ

同伴者1名とともに無料

手荷物無料宅配

帰国時、
スーツケース1個無料

空港クローク

荷物やコート等が
2個まで無料預かり

海外旅行傷害保険

最大1,000万円

最大1,000万円

最大3,000万円

国内旅行傷害保険

最大2,000万円

国内航空傷害保険

最大1,000万円

最大1,000万円

国内旅行傷害保険で補償

ショッピング保険

最大100万円
(海外利用分のみ)

最大100万円
(海外・国内はリボ払い、分割払い3回利用時)

最大200万円
オンラインプロテクション
(ネットの不正使用を補償)

空港ラウンジが同伴者1名とともに無料

 ANAアメリカン・エキスプレス・カードはゴールドカードではなく、一般クレジットカードという分類であるにもかかわらず、アメリカン・エキスプレス提携の国内・海外の空港ラウンジが無料で利用できる。さらに同伴者1名とともに無料で利用できることがおすすめポイント。空港ラウンジ料金が1,000円の場合、2人で2,000円が無料となる。年に数回、2人で空港ラウンジを利用すれば、空港ラウンジ代だけで年会費はペイできる。

<2012年4月より、14⇒27空港に増加>
新千歳/函館/青森/秋田/仙台/羽田第1/羽田第2/羽田国際/成田国際第1/成田国際第2/新潟/富山/小松/中部国際/大阪国際/関西国際/神戸/岡山/広島/米子/山口宇部/高松/松山/徳島/新北九州/福岡/長崎/熊本/大分/鹿児島/那覇/ハワイ・ホノルル/ソウル・仁川

手荷物無料宅配サービス & 空港クロークサービス

 海外旅行からの帰国時、空港から自宅まで、カード会員1名につき スーツケース1個を無料で配送される手荷物無料宅配サービス(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)が2012/4より追加された。

 あわせて、乗継便の待ち時間等に、空港内手荷物預かり所にて荷物やコート等を(2個まで)無料で預かってくれる空港クロークサービスも追加された。(中部国際空港、関西国際空港)

カード利用【100円=1〜2.5マイル】のANAマイルが貯まる

 ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、普段の買い物、公共料金払いなどで基本100円=1Pのメンバーシップ・リワードポイントが貯まる。貯めたポイントをANAマイルに移行するには、「ポイント移行コース」(参加費6,000円(税抜)/年間・自動更新)への参加登録が必要となる。これで1,000P(=1,000マイル)単位で移行できるようになる。

利用形態

100円ごとに貯まるマイル

@ 日常の支払い

100円 ⇒100P ⇒100マイル

A ANAグループでの支払い

@の1.5倍のレートで貯まる
100円 ⇒150P ⇒150マイル
(ANA航空券や、機内販売など)

B ANAカードマイルプラス店で支払い

@に加え、店舗ごとに設定されたマイル付与
(100円=1マイルまたは200円=1マイル)

 ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANAグループでの支払いでは100円=1.5P貯まり、ANAカードマイルプラス店であれば、100円=1Pに加えて、マイルプラス店舗ごとに設定されたマイルが100円=1マイルまたは200円=1マイルのレートで貯まる。例えば、ANA航空券の購入の際は、上表のAとBが適用されるため、100円=2.5マイル貯まる計算となる。

付帯保険が充実

 ANAアメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行傷害保険が最大3,000万円、国内旅行保険が最大2,000万円。ショッピング保険が最大200万円付帯している。また、オンラインプロテクション(ネットの不正使用を補償) が付いている点も、他ブランドのANA一般カードにはない特典となる。

再発行は最短翌営業日

 万が一、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの盗難や紛失をしても、国内外を問わず、通常翌営業日内に無料で緊急再発行してくれる対応の早さも魅力。

【まとめ】年会費7,000円(税抜)必要だが、使い方次第では元が取れる

 ANAアメリカン・エキスプレス・カードは年会費7,000円(税抜)と他ブランドの年会費2000円(税抜)より高く、敬遠されがちなものの、アメリカン・エキスプレスだけのお得な特典(以下@〜D)が多いため、使い方次第では年会費の元が取れてしまう。(他ブランドと同様、新規入会・継続で毎年1000マイルもらえる特典もあり。)

@ 「空港ラウンジ無料」サービス(同伴者1名含む)
A 「手荷物無料宅配」サービス(成田国際、中部国際、関西国際)
B 「空港クローク」サービス(中部国際、関西国際)
C 「アメリカン・エキスプレス・セレクト」(国内外8,000カ所の優待特典)
D ANAグループの利用でポイント1.5倍(ANA航空券の購入、機内販売など)

 年に数回の海外旅行・出張などで、年会費の元が簡単に取れそうだという方や、海外旅行保険を充実させたい方は、他ブランドのANA一般カードではなく、ANAアメリカン・エキスプレス・カードをおすすめする。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの基本情報


会社

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(日本)

スピード

審査内容による

申込み基準

満20歳以上、定職がある方

国際ブランド

American Express



本体(税抜)

7,000円

家族カード(税抜)
(希望者のみ)

2,500円

ETCカード(税抜)
(希望者のみ)

・条件付き無料(年1回以上のETC利用請求があれば)
・通常500円(初年度無料)




基本

100円=1P(メンバーシップリワードポイント)

期限

翌々プログラム年度末日

ボーナス

・ANAグループ
 ポイント1.5倍
・ANAカードマイルプラス対象店舗
 100円=1Pに加え、店舗ごとに設定されたマイル付与
 (100円=1マイルまたは200円=1マイルのANAマイル)

交換 商品券

12,500P⇒5,000円分の全国百貨店共通商品券

キャッシュバック

3,000P⇒900円(カード利用代金に利用)

その他

あり


楽天ポイント

10,000P⇒4,000P

Tポイント

10,000P⇒4,000P

携帯各社

その他

あり



ANA

・1000P⇒1000マイル
「ポイント移行コース」(参加費6,000円(税抜)/年間・自動更新)
への参加登録が必要

JAL

その他

還元率(目安)

2.0%〜(ANAマイルに移行した場合:1マイル=2円で計算)



方法

一括払い・分割払い・リボ払い・ボーナス一括払い

限度額

利用者ごとに設定

締め/支払い日

利用者ごとに設定




海外旅行保険

・利用付帯

 ・死亡後遺傷害 最高3,000万円

 ・傷害疾病治療費用(怪我や病気の場合) 最高100万円

 ・賠償責任 最高3,000万円

 ・携行品損害 最高30万円(免責金額3,000円)

 ・救援者費用 最高200万円

国内航空保険

国内旅行傷害保険で補償

国内旅行保険

・利用付帯

 ・死亡後遺傷害 最高2,000万円

ショッピング保険

年間最大200万円

空港ラウンジ無料サービス

その他

・入会・継続で1000マイル(毎年1000マイル)

・通常フライトマイルの+10%分のボーナスマイル

・アメリカン・エキスプレス・セレクト