クレジットカード裏の署名を忘れずに

 クレジットカードの申し込みをし、審査も通過、そしてようやくあなたの手元にカードが届いた。さて、その後まずはじめに行うべきことは、クレジットカード裏のサインパネル(署名欄)にあなたの署名を記入することだ。

 非常に重要なことなので、クレジットカードを使う前に記入されることを強くおすすめする。

カード裏に『署名』を書いていないとどうなるのか?

 署名が無いと、紛失・盗難で勝手にクレジットカードを使われた際、それは支払い免除の対象とならなくなってしまう。つまり、損害額が補償されないため、百害あって一利なしとなる。

  昔、とあるお店で、署名無しでも何も言われずに買い物ができたことがある。今考えると、お客のために署名を勧めるべきなのではなかったのだろうか?と思ったが、図々しいから言わなかっただけなのかもしれない。

 若かりし頃の私は、友人に「書かないとだめだよ!」と言われて初めて事の重大さに気が付いた。無知というのは恐ろしいことだと再認識させられた出来事だった。

 クレジットカードで買い物をした際、伝票に名前を書くことがあるが、当然、クレジットカードに書いた署名と同じ名前を書くことになる。(少額決済の場合は伝票に名前を書く頻度は少ない。)

クレジットカードを海外で使用する頻度が高い方は

 また、海外で頻繁に使用する可能性が高い方は、クレジットカードの書名欄は漢字で記入することをお勧めする。外国人に盗まれて不正利用された際、外国人は漢字で署名を書くことが苦手、または非常に難しいため、少しだけ安全性が高まるというのが理由。

署名だけでなく、顔写真も掲載できるおすすめクレジットカード

 署名だけでは心配だ。顔写真も掲載したい!という方は三井住友VISAクラシックカードがおすすめ。カードの偽造を困難にさせるICチップ搭載&かつ24時間365日不正利用を監視しているシステムを採用しているため、安全性を重視される方に特におすすめの銀行系クレジットカードとなっている。年会費は1250円(税抜)必要となるが、初年度無料で、利用条件をクリアすれば、翌年度以降も年会費無料で利用することができる。

月1度の利用明細だけでなく、カードを利用するたびにメールが届くクレジットカード

 顔写真はちょっと恥ずかしい、という方は、年会費無料の楽天カードがいいだろう。楽天カードは月1回の通常のカード利用明細だけでなく、カードを利用するたびにカード利用お知らせメールが届くので、不正利用の早期発見ができる。こまめにメールチェックできる方におすすめ。(楽天カードは、楽天市場で得するだけでなく、国内ガソリンスタンド数1位のENEOS(エネオス)でもポイント2倍になる。)

クレジットカード おすすめランキング 

第1位

楽天カード

楽天市場2%、ENEOSガソリン2%還元、5年連続顧客満足度1位

第2位

JCB EIT

常にポイント2倍、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングで3倍

第3位

三井住友VISA

ブランド力&セキュリティで世界でも安心して使えるスタンダード

第4位

ライフカード

誕生月5倍(2.5%以上)、50万利用達成でボーナスポイント

第5位

三井住友VISA
デビュープラス

18歳から25歳限定、ポイント優遇クレジットカード

第6位

オリコカード
ザ ポイント

基本1%、Amazonで2%、2つの電子マネー搭載

第7位

REX CARD

どこでも1.75%の還元率、年50万円以上の利用で年会費無料

第8位

VIASO(ビアソ)

ネット通販でポイント高還元、2013年3月、募集再開

第9位

イオンカード(WAON)

イオン5%OFFを筆頭に、多くの優待割特典あり

第10位

MUFGカード
・ゴールド

年会費1905円(税抜)のゴールドカード