JCBゴールド

JCBゴールドのおすすめポイント

< JCBゴールド 新規入会キャンペーン > ( 2017/3/31(金)まで )
新規入会と各種条件クリア等で最大12,500円分プレゼント

最高1億円の海外旅行保険は、他会社同年会費ゴールドの2倍の充実度

 JCBゴールド(年会費10,000円+消費税)の最大の強みは海外旅行保険が最高1億円付帯されていること。競合他社の同年会費のゴールドカード(三井住友VISAゴールド、楽天プレミアムカードなど)は最高5000万円のため、JCBゴールドは2倍の充実度となる。その他の保険は、国内旅行保険が最大5000万円、ショッピングガード保険が最大500万円付帯されている。

ゴールドカード

年会費(税抜)

海外旅行
保険(最大)

国内旅行
保険(最大)

ショッピング
保険(最大)

★JCBゴールド

10000円

1億

5000万円

500万円

楽天プレミアムカード

10000円

5000万円

5000万円

300万円

三井住友VISAゴールド

10000円
4000円まで割引可)

5000万円

5000万円

300万円

MUFGカードゴールド

1905円

2000万円

2000万円

100万円

20代専用ゴールド

年会費(税抜)

海外

国内

ショッピング

JCB GOLD EXTAGE

3000円
(解約手数料2000円)

5000万円

5000万円

200万円

三井住友プライムゴールド

5000円
(1500円まで割引可)

5000万円

5000万円

300万円

JCBゴールドの空港ラウンジ無料サービスは国内主要27空港とホノルルで利用可能。世界600カ所のラウンジを無料で使いたい方は、楽天プレミアムカード(年会費10000円(税抜))の検討を。

2年連続100万円以上のショッピング利用で、「ザ・プレミアカード」の案内が届く

 JCBゴールドの年間ショッピング利用額100万円を2年連続で達成すると、JCBゴールドの上位版である、【 JCBゴールド・ザプレミア(公式) 】カードの案内が届く。カードデザインはブラックを背景として、文字がゴールドという高級感がある。(右図参考⇒)

 JCBゴールド・ザプレミアは、JCBゴールドにはなかった以下特典が付帯する。
  @ ショッピング保険が300万円⇒500万円に
  A 世界600ヶ所以上の空港ラウンジが無料で使えるプライオリティパス
  B 日本国内の厳選されたシティホテルとリゾートホテルなどを優待価格プランで
  C 「ハーツNo.1クラブ・ゴールド」のサービスを、年会費無料で

 ザ・プレミアの年会費は15,000円+消費税。しかし、年間100万円以上の利用ができれば年会費10,000円+消費税となり、JCBゴールドと同じ年会費でグレードアップした上位版ゴールドカードを保有することができる

 年間カード利用額の集計期間は【12月16日〜翌年12月15日】のため、JCB ゴールドの入会および発行時期によって、1年目は100万円以上の利用達成が難しい場合がある点にご注意を。

ポイント付与の仕組み

 JCBゴールドのポイント付与システムはJCB一般カードと同様に、1000円ごとに1P貯まり、還元率はおよそ0.5%となる。年間利用額50万円で翌年度1.2倍、100万円なら翌年度1.5倍のポイント付与率となる。(JCBが提供しているMyJチェック会員になると、海外利用分が2倍となる。)

 さらにJCB会員が使えるOkidokiランドを経由したネットショッピングではいつでもポイント2倍以上となる。
Okidokiランド加盟店には楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonの主要3大通販ショップが存在するため、汎用性が高い。

Amazon2倍⇒3倍(還元率1.5%)にする方法

 JCB ゴールドは、WEB明細サービス「MyJチェック」に登録すると、海外のカードショッピング利用分のポイントが2倍となる。Amazonは海外利用分としてカウントされるため、1倍分多くポイントがもらえる。

 以下@ABの流れで、Amazonでポイント3倍(還元率1.5%)となる。

@まず、JCB ゴールドのショッピング利用分で付与されるポイントが1倍分(還元率0.5%)。
AOkidokiランド経由でAmazonを利用すると、@に1倍分プラスして合計2倍(1%)
B「MyJチェック」に登録すると、Amazonは海外利用分としてさらに@に1倍分プラスされ、合計3倍(1.5%)

JCBオリジナルシリーズパートナー加盟店でリアル店舗でもポイント倍増

 JCB ゴールドは、Okidokiランド経由のネットショッピングとは別に、JCBオリジナルシリーズパートナー加盟店でもポイント倍増できる。セブンイレブンやスターバックスなど、有名店が加盟している点がJCBの強みとなる。

加盟店(一部抜粋)

ポイント倍率

還元率

備考

セブンイレブン

3倍

1.5%

←のポイント倍率は予告なく変更になる可能性あり。(ちなみに、ここ最近の2年間は変更されていない。)

イトーヨーカドー

3倍

1.5%

スターバックス

5倍

2.5%

エッソ、モービル、ゼネラル

2倍

1.0%

※倍率は2013/2/19の再調査時のもの。 上記以外のお店も数多く加盟。

電子マネーQUICPayも利用可能

 JCB ゴールドは、別途@QUICPayカード(無料)、またはAQUICPayモバイル(無料)を申込みすることにより、電子マネーQUICPayが利用できるようになる。コンビニやガソリンスタンドなどで小銭のやり取りが不要になり、サインなしで1秒決済できる。QUICPay利用分もポイントが貯まるので活用したい。

 以下表に、電子マネーQUICPayが利用できるお店の一部を抜粋した。

コンビニ

セブンイレブン

ローソン

サークルKサンクス

ガソリンスタンド

ENEOS・JOMO

エクスプレス

昭和シェル

アミューズメント

歌広場

カラオケ館(※1)

富士急ハイランド

ショッピング

イオングループ

ヨドバシカメラ

GEO

その他

ロイヤルホスト

タクシー

 

【まとめ】 最大1億円の旅行保険は◎、2年連続100万利用で上位版を手に入れよう

 JCB ゴールドは最高1億円の海外旅行保険が最大の強み。Okidokiランドを経由したネット通販(Amazonや楽天市場)や、JCBオリジナルシリーズ加盟店(セブンイレブンやスターバックス)などもJCB ゴールドで支払えば、ポイントも2倍、3倍・・・とたくさん貯まっていく。チャージ不要の電子マネーQUICPayもコンビニなどで小銭入らずとなるので利用したい。

 欲をいえば、JCB ゴールドを2年連続で100万円以上利用して、上位版のJCBゴールド・ザプレミアを手に入れたい。ザ・プレミアの年会費は15,000円+消費税。しかし、年間100万円以上の利用ができれば年会費10,000円+消費税となり、JCBゴールドと同じ年会費でグレードアップした上位版ゴールドカード(右図⇒)を保有することができる

< JCBゴールド 新規入会キャンペーン > ( 2017/3/31(金)まで )
新規入会と各種条件クリア等で最大12,500円分プレゼント

JCB ゴールドの基本情報

発行会社

株式会社ジェーシービー

年会費

10,000円+消費税

家族カード

・本会員支払い型:1名無料、2人目より1名につき1,000円+消費税
 ⇒家族カードで利用した代金は、本会員のカード利用代金支払い口座から振替
・利用者支払い型:3,000円+消費税
 ⇒家族カードで利用した代金は、家族会員本人名義の指定口座から自動振替

ETCカード

無料

提携ブランド

JCB

利用限度額

-

ポイント有効期限

2年

通常ポイント

1000円=1P

ボーナスポイント

・MyJチェック会員登録すると 海外利用で2倍
・Okidokiランド経由のネット通販で2倍以上
 ⇒Amazon3倍、楽天市場2倍、Yahooショッピング2倍など
・JCB ORIGINAL SERIESパートナー店で最大10倍
 ⇒セブンイレブン、イトーヨーカドーで3倍、スターバックスで5倍など

還元方法

・500Pで2500P分の楽天ポイント、Tポイント、
 ビックポイント、ドコモポイント、auポイントなど
・500Pで1500マイル分のANAマイル、JALマイルなど
・1000Pで4500円分キャッシュバック
・1050Pで5000円分のJCBギフトカードなど

実質還元率

・0.5〜0.75%(年間利用額によって変動)
・1.0%〜(Okidokiランド経由のネットショッピング)
・1.0%〜(JCBオリジナルシリーズパートナー店舗)

支払い方法

JCBカード公式サイトにてご確認くださいますようお願いいたします。

海外旅行保険

最大1億円 ※一部利用付帯(詳細は公式サイトをご確認ください)

国内旅行保険

最大5000万円

ショッピング保険

最大500万円(国内/海外)

その他

JCBゴールドで2年連続100万円以上(集計期間:12月16日〜翌年12月15日)
のカードショッピングを達成すると、【JCBゴールド・ザプレミア】の案内が届く。