リボ払いの仕組みを理解しよう

リボ払いの仕組みを理解しよう

 リボ払いは、自分で決めた設定金額を毎月ほぼ一定の額で支払うことができる支払い方式。もう少し具体的に説明すると、高い買い物をした際、その代金を一括で払うのではなく、毎月の支払額を一定におさえて数ヶ月かけて支払うことができるということ。

 ただし、リボ払い手数料がかかるため、一括払いの時の支払額以上の金額を支払うことになる。したがって、計画的に利用されることをおすすめする。

手数料はどれくらいか?

 リボ払いに対応しているクレジットカードの平均手数料は、およそ年率15%。同じクレジットカード会社でも、利用方法やその他条件などであがったりさがったりするので、あくまでも参考値としてとらえてほしい。

 15%という数値。これは非常に高い。還元率が高いクレジットカードでさえ、1〜1.5%程度という還元率であることを考慮すると、非常に高いことがすぐわかるはずだ。したがって、リボ払いは極力利用しない方がいいというのが当サイトの方針。(参考までに、銀行の普通預金の金利は0.02%程度。1万円を預けて1年で2円しか増えない。)

初回支払い分の手数料が0のリボ払いクレジットカードもある(おすすめ)

 リボ払いは手数料がかかるのが一般的ではあるが、初回支払い分は手数料0のリボ払いカードも存在する。

 当サイトで紹介している三井住友VISAカードのマイペイす・リボや、リボ払い専用カードのJCB EITなどは、クレジットカードのショッピング利用限度額いっぱいまで月々のリボ払い額を設定することにより、限度額までなら実質一括払いとして利用することができる。その際は、もちろん手数料はかからない。

リボ払いにはたくさんの種類がある

 リボ払いの支払い方法はたくさんの種類があるが、ここでは、大きく3つに分類する。定額リボルビング定率リボルビング残高スライドリボルビングの3つだ。

定額リボルビング

定額リボルビングは元利定額リボルビングと元金定額リボルビングの2種類に分類される。例えば、リボ払いの金額を毎月1万円と設定したとする。その際、次の@とAで支払い額が変わる。

@毎月の支払い額を一定とし、手数料も支払い額の中に含めて支払うのが元利定額リボルビング、支払い額は毎月1万円固定。
A元金の支払い額を一定とし、手数料を支払い額にプラスして支払うのが元金定額リボルビング。 支払い額は毎月1万円+手数料。

@の元利定額リボルビングは手数料を支払い額に含めて支払うので金銭的に余裕がない方にとってはメリットとなる。しかし、トータルの支払い期間は長くなり、手数料も元金定額リボルビングより高くなる。

Aの元金定額リボルビングは手数料を上乗せして支払うことになるので、トータルの支払い期間は短くなり、手数料も元利定額リボルビングより低くなる。

定率リボルビング

毎月、指定日におけるクレジットカードの借入残高を確定し、カード借入残高に利息を加えた額に対して指定した割合(定率)で支払いをする方式。理論上、支払いが完了することがないややこしいシステムなので、ある時期に繰上げ返済する必要がある。

残高スライドリボルビング

クレジットカード利用残高に応じて支払い額が変わっていくシステム。定額リボルビングと定率リボルビングのシステムを合体させたシステム。