「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードのおすすめポイント

<「ビュー・スイカ」カード春の入会キャンペーン> (2017/4/30(日)まで)
新規入会&利用で最大2,400P(6,000円相当)のビューサンクスポイントをプレゼント

財布の中身がすっきりする、3機能を1枚に集約できる多機能クレジットカード

 「ビュー・スイカ」カードはクレジットカード機能はもちろん、Suica&定期券機能が搭載されている多機能クレジットカード。Suicaチャージや定期券購入時はポイント3倍(還元率1.5%〜)になるため、楽天カードやJCB EITなどの基本還元率1%のクレジットカードよりもお得になる。(ポイントについてはページ中段で解説。)

 「ビュー・スイカ」カードは年会費477円(税抜)こそ必要なものの、次項で紹介するサービスを利用すれば、簡単に年会費の元が取れる。

「ビュー・スイカ」カードの年会費477円(税込515円)の元は簡単に取れる

 「ビュー・スイカ」カードの年会費515円(消費税8%込)を実質無料にする方法を紹介する。「ビュー・スイカ」カードのWEB明細ポイントサービスを利用すれば、ひと月20P(50円相当)、1年で240P(600円相当)もらえる。そのため、年会費515円(税込)を206P(=515円相当)分で相殺できる。

 実質無料と書いたのは、年会費515円(税込)は必ず支払うため。また、月に1度も「ビュー・スイカ」カードを使わなかった場合、その月はWEB明細(20P=50円相当)がもらえないので注意。

「Suica」&「定期券」の一体化によるメリット

 「ビュー・スイカ」カードは定期券との一体化により、JR線と他の鉄道会社にまたがる定期券も1枚で利用できるほか、定期券で入って区間外へ乗り越しても、改札機にタッチするだけで自動的に精算される。

  駅の定期券発売機や多機能券売機で定期券を購入すると、挿入した「ビュー・スイカ」カードの裏面に定期券情報が直接印字され、これまた通常の3倍のビューサンクスポイント(還元率1.5%)を貯めることができる。

「ビュー・スイカ」カードのポイント還元率

 「ビュー・スイカ」カードは、カードショッピングで「ビューサンクスポイント」が貯まる。利用箇所により、付与されるポイントが異なる。(以下@AB参照。)

@ 普段の買い物・食事・公共料金などの支払い ⇒ 1,000円=2P
A JR東日本のきっぷ、定期券購入、Suicaチャージ(オートチャージ含む)⇒ 1,000円=6P(3倍)
B ENEOSのガソリン給油(2013年4月より開始) ⇒ 1000円=4P(2倍)

貯まるポイント

交換ポイント

交換商品(一部紹介)

1Pの価値

1000円=2〜6P
(ポイント期限最長2年)

400P

1000円分のSuicaチャージ

2.50円

650P

2000円分のルミネ商品券

3.07円

1250P

4000円分のルミネ商品券

3.20円

※WEB明細サービス(後述)を利用すると、毎月20P×12ヶ月=年間最大240Pもらえる特典あり。

 貯めたポイントは、「400P=1000円分のSuicaチャージ」や「650P=2000円分のルミネ商品券」などと交換できる。(上表参照。)ポイントを多く貯めてから交換した方が還元率が高くなる。

 ※Suicaオートチャージの初期設定ではチャージした金額が1,000円未満になると、3,000円がオートチャージされる。 (1,000円単位で10,000円まで設定変更可能。チャージのMAXは20,000円。)

 オートチャージによるメリットは、残高不足の心配がなくなり、自動改札機で止められることが無くなる。そして何より、オートチャージするだけでポイントが3倍貯まることが大きなメリットになる。紛失した場合も、カード会社に連絡をし、カード会社がSuica機能の停止処理をした時点のSuica残高が補償される。

 「定期券機能は必要ない、Suicaチャージ(オートチャージ)だけ使えれば問題ない。」という方は同社が発行するビックカメラSuicaカードをおすすめする。ビックカメラSuicaカードであれば、普段の買い物でも還元率1%を実現できる。さらに、年に1回以上カードショッピングすれば年会費無料で使えるメリットも。

モバイルSuica(希望者のみ)の年会費1,030円(税込)が当面無料

 モバイルSuica(携帯・スマホでSuicaを使う仕組み)を利用するには、Suica利用料金を支払うためのクレジットカードの設定・登録をする必要があり、年会費1,030円(税込)が必要となる。しかし、「ビュー・スイカ」カードを設定・登録すれば、モバイルSuicaの年会費1,030円は当面無料となる。

チャージしたSuicaは電車だけでなく、Suica加盟店でも利用可能

 先に解説したとおり、Suicaチャージで1.5%の還元率なので、チャージしたSuicaをSuica対応店舗で利用すれば1.5%の還元率ということになる。(参考:Suicaが使えるお店検索:JR東日本公式サイト

 駅内のキオスク、駅外のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップなどの主要コンビニはもちろん、Suica対応飲食店、スーパーなどで使える。支払い方法は、Suica専用端末に「ビュー・スイカ」カードをタッチするだけ。そのため、店員にカードを渡さずに支払いができるので安心感も生まれる。

ジャンル

Suicaが使えるお店の具体例

駅内コンビニ・売店

KIOSK、NEWDAYS、銘品館

コンビニ

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなど

スーパー

イオン、イトーヨーカドー、サミットなど

飲食

ガスト、どん亭、てんや、松屋など

書籍

紀伊国屋書店、BOOKOFF

タクシー

kmグループ、第一交通産業グループ、
大和自動車交通グループ、日本交通グループ

家電量販店

ビックカメラ、ヨドバシカメラ

※どのお店も主に首都圏・関東で使えるが、それ以外の地域で使えるかは公式サイトで確認を。

Suicaポイントも貯めることができる

 少しややこしいが、ビューサンクスポイントの他に、Suicaポイントというものがある。 Suicaポイントを貯めるためには会員登録が必要となるものの、「ビュー・スイカ」カード1枚でビューサンクスポイントとSuicaポイントを貯めることができるようになる。 Suicaポイントが貯まるお店で「ビュー・スイカ」カードを使うと、お店によって異なるが還元率は0.5〜1%となる。

海外旅行保険最大500万円が自動付帯

「ビュー・スイカ」カードには海外旅行保険最大500万円が自動付帯している。自動付帯とは、「ビュー・スイカ」カードで旅行代を支払わなくても保険が適用されるということ。

 死亡後遺傷害は最高500万円、傷害疾病治療費用(怪我や病気の場合)は最高50万円となる。傷害疾病治療費用は他会社のカードのそれと合算できる。そういった点でも2枚目のカードとしておすすめできる。

【まとめ】 電車・定期券・Suica対応店舗(コンビニなど)専用カードとしておすすめ

 「ビュー・スイカ」カードの売りは、@「Suica」と「定期券」と「クレジットカード」の一体化AJR東日本のきっぷ・定期券代・Suicaチャージでポイント3倍(還元率1.5%)、ENEOSの給油で2倍(1%)BモバイルSuica(希望者のみ)の年会費1030円が当面無料、の3点となる。

 普段の買い物や公共料金の支払いではポイント1倍(還元率0.5%)と、さほどお得感はないので、楽天カードJCB EITのような還元率が常時1%〜の高還元率カードをメインに持ち、「ビュー・スイカ」カードは定期代や電車賃、コンビニなどのSuica対応店だけで使うサブカード(還元率1.5%)とする方法が最もお得となる。

 もちろん、普段の支払いではポイント1倍(還元率0.5%)とはいえ、それでも問題ないという方は、「ビュー・スイカ」カード1枚をメインカードとして使い続けるという方法でも、管理が楽でいいだろう。(定期券機能は使わず、Suicaだけ使えればいいという方はビックカメラSuicaカードという選択肢もあり。普段の支払いで還元率1%、Suicaチャージで1.5%となる。)

 年会費515円(消費税8%込)を実質無料にしたい方は、WEB明細サービスを利用して年間240P(600円相当)を獲得されることをお忘れなく。

<「ビュー・スイカ」カード春の入会キャンペーン> (2017/4/30(日)まで)
新規入会&利用で最大2,400P(6,000円相当)のビューサンクスポイントをプレゼント

「ビュー・スイカ」カード基本情報


会社

株式会社ビューカード

スピード

2〜3週間

申込み基準

満18歳以上で電話連絡可能な方

国際ブランド

VISA、MasterCard、JCB



本体

515円(消費税8%込)
(WEB明細サービスを利用、かつ毎月最低1回はカードを
利用することにより、年間600円相当のポイントがもらえる=実質無料)

家族カード
(希望者のみ)

ETCカード
(希望者のみ)

515円(消費税8%込)




基本

1000円=2P

期限

2年

ボーナス

・WEB明細ポイントサービス
 ⇒WEB明細発行のたびに20P×12ヶ月=年間最大240P
 ⇒カードを全く使わなかった月はWEB明細は発行されない
・1000円=4P(通常の2倍)
 ⇒ENEOSのガソリン給油

・1000円=6P(通常の3倍)
 ⇒SuicaオートチャージやJC東日本のきっぷ、定期券購入など


商品券

・400P⇒1000円分のびゅう商品券
・600P⇒2000円分のメトロポリタンホテルズ共通利用券

キャッシュバック

400P⇒1000円分のsuicaチャージ

その他

多数あり


楽天ポイント

Tポイント

携帯各社

その他



ANA

JAL

その他

還元率(目安)

・0.5%(通常)
・1.5%(SuicaオートチャージやJC東日本のきっぷ、定期券購入など)



方法

1回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス一括払い

限度額

15万円〜40万円(入会時)

締め/支払い日

月末締め/翌々月4日支払い




海外旅行保険

【自動付帯】 (旅行代をカード決済しなくても自動的に適用)

 ・死亡後遺傷害 最高500万円

 ・傷害疾病治療費用(怪我や病気の場合) 最高50万円

国内旅行保険

【利用付帯】(旅行代等をカード決済した場合に適用)

 ・死亡後遺傷害 最高1000万円

 ・入院費用(日額最大) 3000円

 ・通院費用(日額最大) 2000円

ショッピング保険

空港ラウンジ無料サービス

その他

・紛失・盗難補償あり
・モバイルSuicaの年会費1000円が当面無料

・定期券機能あり